片付けられないから卒業するまで

ミニマ二ストでシンプルライフ目指して、大人のADDを克服するために

1㎡の逆流なしのローラー大作戦で、ADHDでも物に溢れた家を確実に片付ける!

今私が住んでいるのは地方の一軒家の5LDKで、納戸が2つに各部屋に押入・収納棚・クローゼット付きで、廊下縁側にもこれでもかというくらいの収納スペースがあります。

 

家の外にはガレージの他に、物置ルームが大小二つあります。

 

にもかかわらず、居間・キッチン・廊下・玄関までもが物で今も溢れています。

f:id:maturika12:20190304035317j:plain

ADHDにっては自力で実家の物に溢れた実家の片付けは無謀なのか?

自分の物以外に、同居の高齢の母の物、亡くなった父の物、今は使わないけど昔は頻繁に使ってた物、置物・人形・飾っていた民芸品類、膨大な来客用食器・来客用座布団寝具類、何年も箱に入ったままの貰き物の山。気の遠くなる様な物量が貯蔵されてました。

 

少し手は付けてはいますが、全て整理し終えるには、このままコツコツでは気が遠くなりそうなくらい先になりそうですのす。いずれまとめて処分できれば…。

 

片付けが苦手組には、魔法のメソッドは通用しない

 

私にはこんまりさんのように片付けが生きがいなんてありえないというか、苦行でしかありません。

 

スッキリした美しい部屋で過ごしたいと思ってはいても、膨大な物を前のすると、どこから手をつけたらいいのやらと、途方にくれることになります。

 

手を付けたとしてもはかどらず、物の処分も選別もスムーズにいきません。

 

そこで一度経験してやり遂げやことがある、1日1㎡クリーナップローラー大作戦です。

 

1日ワンブロック(約1㎡)片付けるだけ

 

1日小さなワンブロックだけ片付けるという、とってもシンプルな方法で、一度の片付けのハードルはかなり低いです。

 

日によって反則技も使ったりで、やる気のない時も続けられます。

 

ただし、一度ローラー作戦が完了しても完璧に仕上がるの難しいでしょう。時間が経てば元に戻ってしまう可能性があります。

 

それでも大丈夫です。2周目3周目を繰り返せばいいのです。

 

まずは1周目のなんですが、これさえ終われば、2周目以降ははずっと楽になります。

 

この作戦の単純なるルール

 

忙しくても1日最低1㎡だけ片付ければいい

 

もしも忙しくて時間をかけられない場合でも、決めたエリアから不要物を取り除いて空の空間にするだけでいい。

 

逆流後退は絶対NG

 

整理しなくてはいけない物があったなら、次の日以降に片付けるエリアに先送りの移動だけでもOK

 

これまで片付けたエリアには絶対戻さない。逆流はさせない。

 

引き出しは1つだけ、棚1段だけでもOK

 

引き出しもひとつで1ブロック、棚も一段で1ブロックでOK。次回のブロックに物を先送りでもOK

 

時間もやる気もない場合は、次回やるエリアに移動してそこを空にするだけでクリアという緩いルールでいきます。

 

一度片付けたエリアは絶対に新たに物を置かない

 

どうしても置く場合は、これから手をつける別の場所に置く。

 

気分がのってる時は、2ブロックでも3ブロックでもやりたいだけやればいいのです。

 

そしてやりたくないときは物だけ移動させて先送りに(笑)

 

この方法で一人暮らしの時、数ヶ月手付かずだった物に溢れかえったIDKの部屋を、数日で挫折することなく終えました。

 

ただし、また元に戻りました。

 

原因は物をほとんど処分せず、整理片付けをしただけだったからです。当時はまだミニマリズム、ミニマリストという言葉も知りませんでした。

 

自分の脳の特質くせも認識していなかった私が、キープできるわけがありませんでした。

 

物を極力減らしてミニマリストへ

f:id:maturika12:20190304035339j:plain


 もう同じ轍は踏みません。退避場所があっても、もう不要な物の、使うかも?と思われる物、古くて役目も終えた物は即ゴミとして処分でいきます。

 

今度やるキッチンは2周目にあたりますので、1周目よりはスムーズに行くはずです。

 

次回は実戦記録を書きたいと思います。