片付けられないから卒業するまで

ミニマ二ストでシンプルライフ目指して、大人のADDを克服するために

ADHD/ADDときめかないバックの中身を変えてみた!

こんまりメゾットの片付け整理術の最大の特徴に、物を捨てるか残すか判断する基準にが、自分がときめくかときめかないかにあります。

 

しかしながら、ADHD系のわたし自身にはそのまま使えなかったので、こんまりメゾットを自己流に改変してみました。

 

f:id:maturika12:20190208224134j:plain

普段の持ち物バックの中身から、ときめかない物を変えてみる

 

ときめくかときめかないかと聞かれたれたら、ときめかないけど必需品でだから捨てられない物、取り敢えず買ったけど、ほかに代用する物がないのでずっと使っているという物ばかりです。

 

探してはいても、これだという決定打に出会うこが少なく、とりあえず間に合わせで買ったものを惰性で使ってしまっているのが現状です。

 

結果的にと身の回りにはときめかないけれど必要な物、一向にテンションも上がることもないのに囲まれているというなんとも不幸な事態に陥っています。

 

こんな状態は打破したいと思い、まず普段使っているバックの中身、日常持ち歩く物から思い切って見直しすることにしました。

 

バックの中身はときめかないけど、とりあえず持ち歩いているものばかり

f:id:maturika12:20190208225013j:plain

薄汚れたペンケースはユザワヤで160円くらいで柄違いで2個買いしましたが、1個はキャップの締め忘れでインク漏れで汚れ、2個目の今のは薄汚れた状態です。

 

毎日使ってますが全くテンションはあがりませんが、所詮ペン入れなのでと思い使い続けていました。

 

ピンクのiPad 入れはダイソーで買った物です。他に黄緑色のもなります。

 

当初は厚手でクッションもあり、これで100円とは思えないと重宝してましが、iPad 2個を入れだしたらパンパンになり、バックを横にすると袋から中身が飛び出すようになり、だんだんと薄汚れてきました。

 

持ち物はADHD/ADD  注意欠陥障害仕様にするのが最優先 

f:id:maturika12:20190209012925j:plain

財布と繋がっている小物入れは、最近100均で購入したものです。

 

以前使っていた小物入れのポーチはこれより大きくてパンパンにになり、バックの中でかさばるのでこの小さいのに変えました。

 

財布とポーチが繋げてあるのは、お財布の落下防止の苦肉の策です。パンパンになったバックから、何度も財布を落としていますので。

 

見た目よろしくはないのですが、この方法にしてまだ一度も紛失はありません。バックから財布がぶら下って出ている状態で止まっています。

 

SNOOPYの財布は別にSNOOPYが好きだからではなく、長ザイフがパンパンになりバックの中でかさばるので、急遽出先で買ったものです。

 

以前お気に入りの財布を2回続けて紛失してから、もうこだわりはなくなりました。それよりも紛失落下防止仕様にすこが優先です。

 

自動車の鍵は、バックの中でも、家の中でも行方不明ににならないよう、モコモコの毛糸で丸く編み、キーホルダーとして付けています。

 

見た目はどうかと思いますが、まだ一度も紛失させていません。

 

全くトキメクどころかテンションも上がらないものは即買換えに

f:id:maturika12:20190209013613j:plain

f:id:maturika12:20190209013645j:plain

 薄汚れたペンケースとiPad 入れは速攻で買換え決定しました。

 

iPad 入れは、二枚入れてキーボードも入れようと思えば入れられくらいの容量のバックに変えました。Phone、イヤホン、メモ帳等小物類も収められて便利です。2000円ちょっとしました。

 

ペンケースを探しましたが、色もデザインもイマイチでなかなかお気に入りが見つけられませんでした。妥協して適当に買おうとしましたが、これなら自分で作った方がましと思うくらいで。

 

他に普段持ち歩く化粧ポーチは、、口紅とリップクリームとミラーくらいしか持ちあるかないので、100均で購入した、メッシの中身の見えるミニポーチが重宝しています。

 

バックの中身をときめかない物を排除した結果

 

バックの中身を入れ替えてまだ数日ですが、極めて良好です。

 

ペンケースの中身とか細かい改善点は、まだまだあるとは思いますが、iPad 入れにはノートや筆記関係を収められてスッキリしつか心地が良いです。

 

もっと早く購入すればよかったと思うくらい。

 

次回はバック本体について…。